ジルの乳腺腫瘍~再び~

ミニチュワダックスのジル、7月25日の誕生日で13才になりました。

人間でいうと 68才だそうです。

前から気になっていた乳腺のしこりが、最近大きくなってきてました。

病院でみてもらうと、1センチ以上は悪性の場合が多いので、摘出手術をすすめられました。

3年前に乳腺腫瘍の手術をしたのですが、とりきれなかったと言うか、負担を考量して残した乳腺、乳首3つ分に、同じく乳首ごとにコリコリができてます。

その時の様

そして同時に子宮をとることをすすめられ、そうすることにしました。

悩みに悩みましたが、母親犬のモモも子宮蓄膿症になり同じくらいの13才で手術した経緯があります。

子宮蓄膿症になってしまえば、手術で摘出するしか助かりません。

ジルもこれ以上高齢になって手術なんてことになれば、もっと負担も増すことでしょう。

今回が最後と思い、乳腺腫瘍は部分部分の摘出で負担をおさえつつ、子宮もとることにしました。

一泊入院手術、、ジルがんばりました。

IMG_7156

(包帯ぐるぐるのジル)

前回の手術に比べて、元気そうで安心しました。

問題は術後。

IMG_7167

(包帯を服でさらに保護、変顔で爆睡のジル)

今は幼犬シェルパと一緒なので気を使います。まだ遊びの手加減を知りません。

幼犬と言ってもすでにジルよりかなり大きいし、しばらくは家庭内別居です。

IMG_7168

でもジルが思いのほか元気そうなので、ちょっと安心。

早く傷が癒えればいいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です